ニキビとはもうおさらば!!

ニキビに6年間悩んだ大学生が
治すのに効果があったこと
を教えます!

学生の天敵ニキビ!! みなさんも悩まされたことがあるのでは?

僕も中学1年生のころからでき始めて、

ひどいときには顔に4、5個できて目も当てられないほどに、、、

それから6年、色々な方法を試してやっとニキビのない肌を手に入れました!

実際にやってみて、効果のあったことを紹介したいと思います。

ニキビの原因

皮脂の過剰分泌

思春期になるとホルモンの分泌が多くなります。またストレスや生活習慣の乱れなどでも多くなることがあります。

毛穴のつまり

角質が毛穴をふさいでしまい、皮脂や老廃物が詰まることで発生します。

アクネ菌の増殖

毛穴が詰まってしまうとアクネ菌が増殖し、炎症を引き起こしてニキビを発生させます。

効果があったこと

皮膚科に行く

セルフケアじゃないじゃん! とツッコみたくなるかもしれませんが、
間違いなくこれが1番!  
悩んできたからこそはっきり言えます。

中学1年生からニキビができ始めて、大学に入学する頃まで皮膚科に行ったことがありませんでした。
”ニキビなんかで病院行くなんて大袈裟すぎだ” と思っていました。今思えば後悔しかありません。

皮膚科では

  1. ニキビができるプロセスを説明してくれる
  2. 医師がニキビの処置をしてくれる
  3. 飲み薬と塗り薬を処方してくれる

大事なのが2・3番ですね

自分でニキビをつぶすことは絶対にしないでください!
皮膚を傷つけてしまいクレーターや跡になります。
1度傷ついてしまうと再生するのにとても時間がかかります。

僕の場合、抗菌とビタミンの飲み薬と上の写真の塗り薬をもらいました。
さすがは皮膚科の薬。市販の薬より効果があるように感じました。

行ったことがない方は、手遅れになる前に一度行ってみてください。

泡で洗顔・保湿

先程も言いましたが、肌を傷つけないことが大切です。

皆さん洗顔料を手でこすって洗顔していませんか?

顔に手が触れているような洗顔はNGです。

洗顔ネットでよく泡立ててから、泡で包み込むように洗いましょう。

洗顔料はニキビ用でなくてもいいです。
ロゼット・パーフェクトホイップが個人的に良かったです。

ニキビは乾燥が大敵!!

洗顔した後はすぐ化粧水で保湿してください。
早いほど化粧水が浸透します

乾燥肌の人は乳液を付けるとなお良いです。

基本的なことですがここを丁寧にできるかどうかで肌の状態が大きく変わります

洗顔料と化粧水は高価なものでなくて大丈夫です。
大事なのは使い方ですから。

食生活の改善

ニキビを悪化させる食べ物

  • ファストフードやインスタント食品  脂質が多い
  • スイーツ 糖質が多い
  • 辛い食べ物

思い返せば、高校生の時ほぼ毎日カップラーメンを食べていました。
安くておなかの足しになると思ってついつい、、、

ニキビに良い食べ物

  • 納豆     乳酸菌・ビタミンB2
  • 味噌汁    乳酸菌
  • ヨーグルト  乳酸菌・ビタミンB2・タンパク質
  • 卵      タンパク質・ビタミンB2
  • 焼きのり   ビタミンB2

 乳酸菌は腸内環境を整え、ビタミンB2は皮質を抑える効果があります。

 僕も納豆・味噌汁・卵はほぼ毎日食べています。

 これらの食材はコンビニでも手に入るので意識的に摂取してみてください!

睡眠

肌がきれいになっていくターンオーバーは睡眠時間中に活性化します。

また、このターンオーバーを促している成長ホルモンは22時から深夜2時までと言われています。

長く寝ればいいというわけではなく、適切な時間に寝ることが大切です。

学生だとスマホをいじったり、テレビを見たり、勉強したりと夜更かししがちですが、朝型の生活リズムに変えてみましょう。

まとめ

僕自身も、ネットでニキビの治し方をひたすら調べていましたが、
2、3日で治る裏ワザなんてありませんでした。

何度も失敗し、泣くほどつらい経験をしてきたからこそ
同じ思いをしてほしくないです。

上に挙げてきたことはどれも基本的なことです。

本気で治したいと思うならじっくり自分に向き合ってみてください。

必ず自分自身に自信を持てる日が来るはずです。

いつかその日が来ることを願っています!!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました